ダイヤのいろいろな買取

ダイヤのいろいろな買取

ダイヤの買取価格を知っておく

ダイヤには買取の基準というものが設けられており、鑑定の仕方は、その基準をもとにダイヤの買取価格を決めることになるでしょう。ダイヤの買取の基準は4Cというふうに表されていて、4つの基準で評価されると考えると良いでしょう。

4つの基準の一つがダイヤモンドのカラーです。ダイヤモンドのカラーにはさまざまなものがあります。ダイヤモンドのカラーは無色透明であるほど良いものですが、なかには黄色味がかった色合いのものもあります。ほとんど無色ですが、微妙に黄色みがかったものはダイヤモンドとしての価値が下がってしまいます。また黄色味が強いものになると、また違った基準での査定がされます。

image

ダイヤにはほかにもカラットという基準があります。カラットはよく聞いたことがある言葉かもしれませんが、これはダイヤの重さを表す基準になります。ダイヤの大きさと間違いがちですが、これはダイヤの重さですので実際に計って決められます。もちろん、この重さが重ければ重いほどダイヤは高価買取になります。

そして、ダイヤモンドの4Cのなかにはカットという項目もあります。カットというのは、ダイヤモンドのブリリアントカットにのみ適用される特殊な基準となっています。ダイヤモンドのカットは職人が行ったカットの技術によるものですので、職人の腕がよいほどダイヤに付加価値を付けることができます。ダイヤモンドの価値を上げたいのであれば、キレイにカットしてもらうこともできますが、カットによってカラットが低くなってしまうことも忘れてはいけません。

そして最後にクラリティです。こちらはダイヤの輝きを示すものとなっていて、ダイヤが曇っていなければ買取金額が高くなります。鑑定人によっては、ダイヤに皮脂がついているだけで、曇っているとみてしまうかたもいらっしゃいますので、ダイヤは持ち込む前にきちんと磨くようにしましょう。